このアホはどうやって生まれたのか。その波乱万丈な半生に迫る!~2人で1ヶ月東南アジアの旅へ ラオス編~

このアホはどうやって生まれたのか。その波乱万丈な半生に迫る!~2人で1ヶ月東南アジアの旅へ ラオス編~

こんばんは!

知能低い系ブロガーななんちゃです(⌒▽⌒)!

今回は昨日に引き続き東南アジアの旅ラオス編です!

 

こんにちはラオス

ラオスってどんなイメージですか?

私は知能低いんでそんな国があるって

知りませんでした←

ちなみにここです!

(え、知ってるって??)

 

 

タイのお隣さんでっす!

バスで国境を越えました

 

 

すぐ隣ですw

違う国に入った!という感覚があまりないw

けどタイは左側走行やけどラオスに入った途端

右側になります/(^o^)\

すぐ隣なのにいきなり違いがあるんですね!

この日はここで一泊。

ルアンパバーンへGO!

ファイサーイからスローボートでルアンパバーンへ1泊2日かけていきます。

 

 

こんな船!

乗る時の板が不安定で乗るだけでドキドキw

 

 

中はこんな感じ!

 

 

シートが謎にええやつw

色んな人種の人が乗ってるんですが、

シートに座ってる現地の人がめっちゃこっち見てくる・・・

 

現地の人「日本人ですか?」

私達「はい。(うおおおおラオス人日本語話せんの?!すげえええしかもめっちゃ上手w)」

この後他愛もない会話をしつつ

(私は人見知り全開で全く話さず。)

信じられない真実が。

現地の人「僕関東に住んでるんですよ!」

私達「へー!留学ですか?」

現地の人「え?日本人ですよ?」

えええええええええええええ?!

ここまでずっと現地の人と思ってたwww

ハーフでもなく純日本人でしたw

 

こんな事がありながらゆらゆ〜ら

 

 

メコン川を行く!

 

めっちゃのんびり〜

 

 

窓から見えるメコン川が良い感じ♫

途中パークベンで降り、そこで宿泊します。

 

 

すごい階段w

こういうの東南アジアちょこちょこあるよね

 

 

こんな感じでパークベンを一望!

 

 

現地の人と思ってた日本人と船乗る前に

声をかけてくれた日本人と夜ごはん!

これは焼きそば的なやつ!

ここでやっと2人仲良くなる!楽しかったな(ヽ´ω`)

 

 

スヤァ( ˘ω˘)・・・

 

 

そしてまた朝が来る・・・

船に乗ってまたゆ〜らゆら

 

 

 

何時間か経った頃に急に船から降ろされる

乗客「???」

乗客「ルアンパバーン???」

船員「降りろ!船はここまでだ。

ルアンパバーンには行かない。」

乗客「はーーーーー?!」

乗客「最初言ってた事と違うぞ!怒」

 

そりゃそうだ。私達はルアンパバーン行きの

船のチケットを買ったんだもの。

 

船員「ルアンパバーンまではここからまだ数キロある」

船員「行きたければそこにいるトゥクトゥクで行け」

 

トゥクトゥクを勧められたが値段が異常

めちゃくちゃぼったくりな金額を言ってくる。

 

そう。私達はこいつらに嵌められたんです。

 

ここから歩くわけにも後何キロあるのか

分からないし・・・。

西洋人たちは高いお金を払いトゥクトゥクで行きました。

 

私達は話し合った結果。

こんなのおかしい!トゥクトゥク乗るのは辞めよう!と決断

 

トゥクトゥクのおじさんが「乗りなよ〜」

と言ってくるもNo thankyou !

 

トコトコ歩いて行ってると、売上全くなくなるのはやばいと

思ったのか、「分かった!普通の値段で良いから・・・」っと。

 

普通の値段なら乗ろうか。

っと乗ったところでスコール!!!

乗ってよかったw

 

っとハプニングありながらもルアンパバーン到着!

 

 

長旅の疲れとハプニングを癒やすジュースタイム!

ラオスではキープという通貨で払います!

 

 

ここでもバナナジュース!うまい\(^o^)/バナナオレオ♫

 

まずは宿を取ってまったり…。

 

 

次の日は山を…?

 

せっせと登って・・・・???

 

 

まだまだ登って・・・???

 

 

ハァハァ゚(;´д`)

 

 

やっと

 

 

 

ルアンパバーン!一望!!!

 

 

ルアンパバーンは街ごと世界遺産なんです!

 

 

ルアンパバーンを一望して次へ!

2泊くらいしました。

バンビエン

実はバンビエンの写真があまりありません←

ルアンパバーンからバンビエンまでバスで行ったんですが、、、

 

 

かなりの悪路と運転めっちゃ荒いのとで旦那が死んでました。。。

まだ元気な時に撮った写真

 

 

めちゃくちゃ険しそうな山w

 

ぐにゃんぐにゃんの道が永遠に続く・・・

 

 

こう見たらそうでもないように見えるんですが

もうカーブしかないやろ。ってくらいカーブばかり。

私も気持ち悪くなって寝るしか出来ない。

お互い寝ました。

 

なんとか到着し、泊まるゲストハウスを決めて、一泊して、

 

チュービング!

タイヤみたいな浮き輪に乗ってプカプカ

川の流れに身を預けて流れるだけ〜〜〜

 

 

こんな感じ!

携帯もカメラも防水じゃなかったので

乗ってる写真はありません(´;ω;`)ウッ…

でもめっちゃ楽しかったです!

私達の時は流れがかなり速かったので人も少なく!

ズンズン進んで気持ちよかったです!

またやりたいな〜

 

ですがまたまたハプニング発生!

 

最後ゴールがあって、係員の人がロープ投げてくれて

岸にあげてくれるんですけど

旦那「ななんちゃ!こっちやで?!」

私「えっ?」

私(ゴールに気づかずそのまま流される)

旦那「ななんちゃ〜〜〜〜!!!」

私(助けてーーーー!!!!!)

 

ゴール過ぎてもなお流され続ける私

流されているのに助けてくれない係員

 

・・・・ザー(流れ速い)

 

 

私「えっこれどこまでいくんや」

流石に身の危険を感じたので

川に身を任せるのをやめて自分の手でもがく。

流れが速すぎて操縦できない。

(´;ω;`)助けて・・・

結局かなり流されて自力で無理やり岸に

身を投げて助かりました。

 

ほんとに死を覚悟した。

 

結局誰も助けてくれないし゚ヽ(`Д´#)ノ!!!

 

タイヤを持ってトボトボ歩いてたら

前から旦那が・・・

(´;ω;`)ブワッ

旦那平然と「大丈夫?」

もっと心配せーやヽ(`Д´#)ノ!!!

ほんとに怖かったけど流されるの楽しかったので

もっかいやりたい←

 

そっから首都ビエンチャンを通ってまた寝台列車でバンコクへ帰るのでした。

 

 

そんなこんなでラオスはおわりです!

ハプニングだらけだよ〜〜〜w

 

ななんちゃオススメ!ラオススポット

絶対にバンビエン!

チュービングが本当に楽しい!

流れが速かったのもあると思うんですが

アスレチック好きは体験するべきです!

街自体も小さいので全部周れちゃいますし

これが甘くて美味しかった(*´ω`*)

 

名前忘れたけどw

 

 

ラオスまとめ

  1. 山がたくさんあって悪路なので車酔いする人は気をつけて!
  2. 街が本当に異文化!The海外に来たって感じ
  3. バンビエンに行こう!
  4. そしてチュービングをしよう!

 

以上!!!

次はカンボジアに行ったのでまた明日書きますね!

ではでは!また明日!